塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
入試と部活!
2013-07-23-Tue  CATEGORY: 未分類
猛暑の中ではありますが、次男が夢中になっているラグビー部の練習試合にちょこちょこ顔を出しています。大阪府の高校ラグビーは、秋の全国大会予選の抽選が終わり、対戦校への対策を含め、夏合宿での課題克服に思いをめぐらす時期になりました。

私は、この数年の大阪の高校ラグビーに異変を感じています。それは、私立高校の躍進です。ずいぶん前から一部の私立高校に全国大会への出場切符を独占され続けていますが、最近は、中位、下位の私立高校の躍進がすごいのです。

長男の試合観戦から5、6年高校ラグビーを追いかけていますが、2、3年前は弱かった私立高校が軒並み戦力アップしています。ラグビーにも公立の復権を願っていますが、それが逆に遠のいている状況なのです。

何故、公立が弱いのか?いや、私立が強くなったのか?
その背景に、私立高校の無償化が大きく影響しているのではないのかと思っています。

先日見た私立KT高校。長男の時代にはしょぼいチームでした。2年前にも見ましたが、その時も公立に大差で負けました。先日見てビックリ!見違えるほど強くなっていました。強い!よりもデカイ!のです。出来上がった体格は、公立の選手サイズと比べようもないほどです。試合開始時に一列に並んだ両チームを見た途端、勝敗の行方は決まりました。

三年前に本格的に始った、大阪の私立高校の助成金制度、保護者年収が610万以下であれば授業料を免除するというものです。さらに800万以下でも保護者負担は、10万円で済みます。

この結果、私立高校専願者が増えました。50万以上の年間授業料がなくなったのです。それでも諸経費を考えると公立よりは少しお金がかかりますが、それまでに比べると公立と私立高校の保護者負担の額は大きく縮まりました。

私立にたくさんの生徒が流れたこと。これは各私立高校のクラブ活動を活性化しました。

さらに、特待生制度の変化です。それまでは授業料免除がその大半でしたが、授業料は初めから要らないわけですから、入学金免除、さらには…。

スポーツ推薦を公表する私立高校もありますが、調べるとかなりの私立高校でスポーツ推薦や特待生制度が実施されているようです。私立無償化は、この特待生制度をさらに広げやすい状況にしたといえます。

生徒増が部員を増やし、特待制度で優秀な生徒を集めているのです。強くならないはずがありません!

もう一つ気になっていることがあります。

公私比率と進学率の推移
           H21  H22  H23  H24  H25
公 立     71.5  72.6   67.8   65.7  66.4
私 立     28.5  27.4   32.2   34.3  33.6
進学率     91.6  92.1   93.5   93.4    -

普通科の志願者・合格者の男女比率(%)
H25             志願者割合         合格者割合  
                     男      女             男        女
前期選抜      44.5   55.5        29.5     70.5
後期選抜      50.6   49.4        49.4     50.6
合計            47.8   52.2        45.1     54.9

H24            志願者割合         合格者割合  
                     男      女             男       女
後期選抜      46.7    53.3       46.9     53.1

ご覧のように、公立入学者の女子の割合が増えています。前期合格者の70%強が女子なのです。進学志向の強い男子が私立に流れるため、受験者数でも女子が勝っています。さらに合格者割合でも女子の健闘が光ります。女子のほうが内申が良いから、入学試験の数学が難しく差がつきにくいため、数学が苦手な女子に有利に働いているなどのいくつかの理由が考えれます。また、偏った男女比率にならないよう制限をかけていた制度もなくなり、公立高校の男子部活動は、今後ますます低迷することになりそうです。

この上、公立高校の募集定員は絞られていく流れにあります!ただででも部員不足に悩むクラブが多い中、各校の募集が280名、240名と減ればどうなるのでしょうか?

私立の部活がますます活性化し、スポーツで名を売る私立高校が増える。
そしてさらにその名声が優秀な生徒を呼ぶ。

公立の部活動は、弱体化し、廃部が増えることに…。
さて公立は何を売りに生徒を集めるのでしょうか?

何とも淋しい限りです。
橋下市長は、大阪代表として花園(全国大会)の土を踏みました。そんな名門ラグビー部は、現在、部員不足に悩み、この2年単独チームでの試合出場すらありません。トップ校も例外ではないのです。文理学科設置は、母校のレベルアップに貢献したかもしれませんが、ラグビー部の存続には影を落としています。


ページトップへ  トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント旧一学区 | URL | 2013-07-29-Mon 15:02 [EDIT]
スポーツもですが、文理科の煽りで勉強もそうなるのではないでしょうか?
RとMでは「K文理」への生徒受験への誘導(洗脳と言えるのではないでしょうか)、N大和・R南・M☆・M山その他を「K文理併願校」として押しています。Mに在籍していますが、来年度は「K文理」は倍率3倍を超えるのでは?と思います。
前期160人・後期160人計320人。
前期想定受験者数480人・後期想定は前期残念組と仮定320人
前期後期ともに残念だった生徒、160人は私立高校進学です。
本来であれば「K高校」ではない公立高校を選んで受験されたはずの
優秀層です。優秀層が、無理な公立受験をした結果、私立が美味しい
思いをするんだなぁ、と思ってしまいます。
もちろん「K文理」は優秀だと思います。その学区に子供の頃からおりますが
そこまで「K高校(特に文理)」は良い学校なのでしょうか?
RとMの受験者数張り合い合戦に巻き込まれている旧一学区は加熱する
ばかりです。将来的には三番手以降の公立高校の落日があるのではないでしょうか。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-07-29-Mon 19:45 [EDIT]
合格者数を競うことを止めない大手塾に憤りを感じています。

文理学科1600名がこの悲劇を生みました。理数科だけでは人数が少なすぎて競い合う数字としては魅力がなかったのです。大手塾は、これは商売になると飛びつき、文理学科コースや文理学科模試をこぞって始めました。

今年のK高校文理学科合格者数は、M94名、R64名、D2名で160名になります。別の塾で合格者はいないのでしょうか?塾内模試への参加者等を加え、何人かの重複者がいることでしょう。お上から、その数字に指導を受ける前にやめて欲しいものです。保護者の皆様も、ここは冷静な目をもって進路指導を受けていただけたらと思います。

文理学科の成果は、来年の大学進学実績をみないと分かりませんが、難関大学への合格数に大きな変化はないものと考えています。高校内で高い意識を植え付けられた分、浪人の数だけは各校アップするものと思われます(笑)

文理学科1600名は多すぎるのです。今年の普通科前期入試と同じで、生徒層自体に大きな変化はないわけですから、普通科との境目はありません。偏差値60台前半の生徒まで合格しています。

160名の枠を設けたことで、倍率が上がり、これに伴って目標偏差値が上がりました。2倍を超えると受かるべき生徒が落ちることもあります。この結果、追跡資料から割り出される目標偏差値も上がることになります。来年の普通科前期がどこの高校も2ポイント上がっていますが、これも同じことです。入試制度がその高校の偏差値を変えたのです。そして倍率が、イレギュラーな不合格者を生んでいるのです。

また、精鋭160名を鍛え上げるノウハウをどれほど公立高校が持ち合わせ、それを実行できているのか大きな疑問です。これまでのムードを一新し、生徒の意識を変えているとは思えません。

長男は、文理学科前のトップ高を卒業し、次男は現在某文理学科にいます。塾+親の両方から文理学科を眺めていますが、正直、それほどの値打ちがあるとは思っていません。

ここにも述べましたとおり、逆に公立の良さを犠牲にし、いびつなものに変える方向に動いているようにも思えます。まだ結果が出ぬものを高らかに謳う言葉に惑わされず、お子様に合った進路をお選び下さい。
コメント旧一学区 | URL | 2013-08-01-Thu 16:19 [EDIT]
アドバイスをありがとうございます。
子供の希望はK文理ではないので、塾からは・・・です。
しかし、内申点が低めです。一学期の仮内申には打ちのめされました。
学校はこの内申ではかなり厳しい、と言われました。

しかし、昨年度の前期受験を見ても、中学校の進路指導にはかなり疑問を持っています。
子供が希望したとはいえ、80名定員に我が中学から21名受験しました。
それから、前期・後期とも「大丈夫(太鼓判)!」高内申組が落ち、内申ギリギリ組が当日合格してくる、という事例もかなりありました。

現在の文理科用試験問題は中学校の定期・実力テストレベルでは解けません。また、テストにそんな難問は出てきません。
文理や前期の問題を知っているはずなのに、簡単な定期。実力テストで判断して進路指導が出来るものなんでしょうか?

学校進路指導の結果は、どうなっているのか?
指導に従った生徒の合格率、従わなかった生徒の合格率など出してほしいと思いますが、出してはくだされないのでしょうね。

文理科を目指すのなら目安となるものはなんでしょうか?
・RやMの文理科模試
・RやMの公開テスト
・学校の内申点と進路指導
・五ツ木や大阪進研

100%確実と言うものはないのも承知していますが、情報は多すぎて何を目安にして良いのか判断できません。

プロと親の経験を持つ塾長様のアドバイスをお待ちしています。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-08-02-Fri 04:06 [EDIT]
内申が低い生徒が合格できるのが、文理学科の魅力であるのは間違いありません。
だからこそ、大手塾が必死になっているのです。

当日のテストで逆転するためには、3科の内2科は8割をとれる実力が必要になってきます。
ご存知のとおり、難解な入試問題ですが、英・数・国で得意科目が2科目あれば文理学科への道は開けるとお考え下さい。

これから鍛えて伸ばせるのは英語です。どの教科も時間がかかりますが、3年間分である英語が成果を上げやすい教科になります。現時点で、国語か数学に自信を持っていらっしゃるのなら、目指しても良いのではないでしょうか。

それでは国語か数学にお子様が秀でた力を持っているのかどうかの判断は?

通常の学校のテストでは判断出来ません。業者模試でも難しいと考えますが、模試で国語か数学で偏差値70以上が出せると秀でたものお持ちだとお考え下さい。偏差値60は、ミスさえ無くせば到達できますが、65には壁があります。さらに70を超えるには、テストに向いた素質とセンスが必要になります。

気になるのは、各校バラバラの採点基準です。どこまでの解答を要求しているのかでその対策も変わってきます。今回の採点ミスが発覚したのは、その実態を探りたい大手塾が自塾の合格者に答案の開示をしてもらった中で明らかになりました。

同じ答案でも受験校が違えば得点が変わってしまうのです。国公立大学入試では、各校独自の二次試験問題に向けて対策を講じるわけですが、文理学科入試では、同じ問題でありながらその対策が求められているのです。今後、大手塾で、受験校別の文理学科対策が実施されるかもしれません。

おかしいですよね!合否ボーダーには、多数の生徒が並びその明暗が分かれます。一律の採点基準であれば問題はありませんが、漢字のトメ、ハネはもちろん、「部分点をあたえる」だけの基準しか示されていない現状では、各高校で差が生じ、それが合否を左右しているのです。

この結果、各高校の合格最低点では難易度が分かりません。

最後に、3科目入試に疑問を感じています。このレベルの生徒層であれば、理科・社会は入学後の対応で十分とのお考えなのでしょうが、果たしてそうでしょうか?

私学のように、徹底して鍛え上げる体制があれば苦手な理科や社会を克服できるかもしれませんが、生徒任せの現状では、社会が苦手な生徒はそのままです。にもかかわらず、理・社のセンター試験科目は増やされようとしています。

この点でも、文理学科の進学実績に不安を感じています。
コメント旧一学区 | URL | 2013-08-02-Fri 17:43 [EDIT]
本当に色々とありがとうございます。模試については貴重なお話を聞かせていただき本当にありがとうございました。
業者テストはまだ受けたことがないのです。
文理模試の結果は英語8割、国語7割、数学6割といったところでしょうか。
春から入塾したので、塾生の完成度の高さに驚くばかりです。
特に数学の完成度の高さはすごいです。
現在は、I文理B判定という状態です。ここから伸ばすには「国語」の強化が必須ですね。古文漢文は強みですが、随筆以外が苦手です。現在はここを強化中ですが、どれくらい伸びるかドキドキしながら見守っています。
数学はやっと基礎固めが出来上がったという状態です。
これが一番頭の痛い所ですが、この夏休みを頑張っている子供を応援したいと思います。

MもRも「K信仰」で(上位)子供は信者のようです。
今月からMでは「K記述添削講座」も始まります。(昨年はなかったです)
負担が増えるだけなので、うちは断りましたけど。

私も5教科受験に戻すべきだと思います。
文理科生の理社の出来は・・・という話を先日聞きました。
大学の進学実績が「K文理」で崩れると、また新たな加熱競争がはじまって子供たちが苦しむのでしょうね。


トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。