塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
情報交換セミナー
2013-09-28-Sat  CATEGORY: 未分類
夜空を見上げるとオリオン座が輝いています。あれが冬の大三角、むこうはふたご座か…。

正直、星座のことはあまり知りません。
本を片手に夜空に向かって透かして見るように確認しました。
位置を確かめようとすると、自然に本を傾けていました。
下弦の月に邪魔されながら、いつのまにか体が冷たくなっていました。

中学入試には星座も出題されます。子供達にはしっかり覚えろといいながら四苦八苦している自分、深く反省した次第です。

さて、泉塾連の「情報交換セミナー」が2日連続であり、公立2校、私立12校の説明を聞いてきました。毎年、これがあるので、直接学校まで足を運ぶ回数が減りました。

今年人気が集まった私立高校3校では、入試基準が上がります。前にも申しましたが、大阪の現状の入試システムでは受験を受け入れた生徒を不合格にすることはできないため、基準を上げることで相談者を減らし、受験者数をコントロールするのです。

ところが、その厳しい受験を強いられる私立高校を希望する塾生がたくさんいます。併願希望者がほとんどですが、これから受験校を変える必要に迫られる生徒が例年より多くなりそうです。

今年たくさんの入学者を迎えた高校は、知名度がアップし受験生もその名を知っています。中学校もたくさんの生徒を送り出したことで、その難易度を含め情報も多く勧めやすい高校です。

また、模試での偏差値には上がった入試基準は反映されておらず、受験生は、合否判定で高い可能性が出ると、当然受験できるものと思い込んでしまいます。

二極化が進む中、入試ランクが上がる高校が毎年ありますが、来年の状況を保護者や受験生にいち早く理解してもらい、納得の上で受験校を決めてもらいたいと思っています。

もちろん中学校にも来年の入試基準は伝えられています。的確な判断をもとに進路指導していただければ大きな問題にはなりません。しかし、私学冬の時代のイメージを持ち続けていれば、何とかなるのではと考える先生がいらっしゃるかもしれません。

また、私立高校が、甘い予測でその数を見誤れば、直前になって基準をさらに上げるなどという悲惨なことにもなりかねません。そこで泣かされるのは受験生なのです。

要らぬ心配になればよいのですが、直前に受験校変更を余儀なくされた受験生の悲痛な顔を知っているだけに不安になってきます。私立高校は、今一度その受け入れ体制を詳細に中学に伝え、そして中学ではそれを的確に受け止めて受験生を調整して欲しいと思います。

不況の中、公立志向が高まり、私学は苦しい思いを続けてきました。このため人気校では募集定員が守られることなく、入学希望者すべて受け入れることが許されてきました。ところが、この数年の私学人気を受けてその限界を迎える高校が出てきたのです。

受験生・保護者様
今後の成績で決まることですので、今あきらめる必要はありません。また、基準をクリアできればその後の心配は要りません。ただ、希望する高校が、今年の状況から変わっているのかどうか、そして、受験校決定時の成績がその基準を満たしているのかどうかをご確認いただけたらと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント中三母 | URL | 2013-09-30-Mon 09:28 [EDIT]
秋の中間、実力テストが終わりますと、私立の希望を提出する予定になっていますが、その時には注意が必要ですね。

☆希望する高校が、今年の状況から変わっているのかどうか、そして、受験校決定時の成績がその基準を満たしているのかどうかをご確認いただけたらと☆

うちの中学では1月に事前相談に進路指導の先生が私立に伺い、確約をとってきてくださいます。
しかし、この書かれていることを読むと、中学校任せにせず、秋の学校説明会や事前相談会で、塾の模試、五ツ木模試、学校の成績を持参し、相談をしてきた方がよいでしょうか?

Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-09-30-Mon 15:25 [EDIT]
そうですね!
1月の事前相談に持っていかれるのが、直近の実力テストの結果になると思います。
このため、あまり早い時期の成績では詳しい状況はお話いただけないかもしれません。
しかし、現状の成績で大丈夫なのか?あとどれくらい必要なのかは教えていただけます。

心配しているのは、学校によっては12月中旬の中学との懇談でこちらの意向と違うお話が出る可能性があるということです。その時点になって、併願校であれ私立受験校を変えるのは避けたいですよね。

通われている塾でやっていただけるのなら心配はいらないと思います。

また、それでもご心配でしたら、学校説明会や各私立が一同に集まる「進学ガイダンス」等に足を運んでいただき、直接お聞きになられるのも良いかと思います。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。