塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府公立高校入試動向③
2013-12-02-Mon  CATEGORY: 未分類
今回は、4学区の動向について考えてみます。

まず、上位校の動向が気になります。
前期入試では、三国丘(文理160名)、岸和田(文理160名)、泉陽(普通80名)、鳳(普通科単位制320名)、和泉(グローバル80名)と続きます。

ご覧のとおりで、募集人員が各校で大きく違うことがお分かりいただけると思います。当然、枠が少ないほど志願者数による影響を受けやすくなります。下げて受験したことが裏目に…なんてことに。

泉陽以外の4校は、専門学科のため今年も全学区から受験できましたが、泉陽(普通科前期)は4学区生だけが受験しました。それでも80名の枠に443名(5.54倍)の受験生が集まりました。来年は、3学区からの志願者も押し寄せることで、今年に引き続いての高倍率が予想されます。

もちろん、学区全廃の影響は専門学科にも影響すると思います。受験生が他学区の普通科高校に目を向けたことで、他学区の専門学科を意識するようになったからです。人気のある専門学科には、例年以上の生徒が集まるものと思われます。

しかし、通学に便利で近場の高校を選ぶ受験生は多く、全廃による影響がどれくらい出てくるのか分かりません。前期は上の5校を中心に、3学区からの受験生が多そうな登美丘、金岡が気になる高校です。

後期入試でも注目すべきは、やはり上位校です。三国丘(1クラス増)、岸和田(変わらず)、泉陽(1クラス減)、和泉(1クラス増)。

その年の中3生の人数によって、毎年、各校の定員が変わってきましたが、来年のように増減が一度に行われることは珍しく、その影響は当然のこととして大きくなります。

また、日根野、東百舌鳥、堺西、堺上が1クラス増えます。中位校を狙う受験生にはありがたいことです。そして、並べて書いてみると、堺・泉北地域の高校がほとんどであることに気付きます。

「各学級数の増加は、府内の公立中学校卒業者数が約2千人増加するため、地域の実情を考慮。学区撤廃を受け、交通の利便性の良さや学区の境界といった立地も踏まえた」と発表されています。

ところが、そんな配慮が感じられません。特にこの4校は、地域的に限られた生徒が多く通う高校で、学区全廃の影響を受けにくい高校なのです。なんとも理解しがたい不可解な増員になっています。

4学区全体で考えると、450名以上の中3生が増えているにもかかわらず、相殺して5クラス200名の定員増になっています。単純に考えると、公立で増えた生徒の7割を受け入れたのですから8クラスは増えるべきところなのです。

つまり、4学区では増える生徒に対しての受け皿が十分ではないということです。今年よりも少し厳しい後期入試になるかもしれません。

今後は、高校間の倍率の差が大きくなり二極化がさらに進むことが予想されます。また、再来年度から中3生の数が急激に減少し始めるため、高倍率入試は、少しだけ緩和されていくことになるのではないかと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-12-03-Tue 09:13 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-12-03-Tue 16:36 [EDIT]
A高校(前期1学区2、2学区5、3学区67、4学区323、他学区4)
   (後期2学区5、3学区80、4学区395、他学区2)

B高校(前期2学区2、3学区55、4学区365、他地区2)
   (後期2学区3、3学区82、4学区507、他地区5)

あくまでも11月時点の志望であることをご理解のうえ、ご検討ください。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-12-03-Tue 17:09 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
たとえばの話ですが
コメント太郎 | URL | 2013-12-05-Thu 01:00 [EDIT]
堺東高校などはどうなるのでしょうか、地理的には狭山高校と競合するように思われますが、現状は堺東のほうが少し難しいようですが。
Re: たとえばの話ですが
コメント管理人 | URL | 2013-12-19-Thu 03:58 [EDIT]
返事が遅くなり申し訳ありません。
お話の堺東は、現状維持というところでしょうか。

昨年が1.76倍、今年は登美丘前期に生徒が流れて1.41倍でした。

現状の志望状況では、4学区の生徒が狭山を、3学区の生徒が登美丘を希望している生徒がほぼ同数います。
今年の普通科の激戦を避けて、堺東に流れる生徒が増えるかもしれません。

しかし、堺東に普通科以上の魅力を感じる生徒がどれほどいるのかということです。
どの総合学科も、その良さをうまくアピールできていないからです。

大きく倍率が変わることはないと考えています。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。