塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
年の瀬!
2013-12-31-Tue  CATEGORY: 未分類
大学1年の冬、私は京都で1人正月を迎えました。
帰省の話をしようとした公衆電話で、母ともめてしまい

「もう帰って来んでもよかよ!」
「うん、そんなら帰らんばい!」

このようなやりとりだったと思いますが、年越しをすることになったのです。

4畳半、押入れ無。壁がボロボロと落ちてくる下宿は、家賃9千円。当時でも破格の安さでした。
年末に近づくにつれ、下宿の友人が次々と姿を消し、30日には私1人になりました。
シーンと静まり返った下宿に寒さが押し寄せ、それまで感じたことのなかった感覚を知りました。

年末年始に遊ぶ相手もなく、映画村のバイトを見つけました。仕事は着ぐるみでの「動物ショー」
汗臭いぬいぐるみをかぶって簡単なショーをステージでこなし、その後場内をねり歩く。

初日はパンダでした。子供達が駆け寄ってきて握手に写真、行列が出来るほどで、スターにでもなった気分でした。

ところが、時間ギリギリに到着してしまった次の日に残っていたのは「赤鬼」だったのです。

泣かれるは、どつかれるは、あげくの果てに背後からキックをお見舞いされ、散々な日でした。

何一つ知らなかった私が、着ぐるみを通して知った新鮮な体験でした。

口論をした母は亡くなり、その当時、とても世話になった叔母は今、枚方のホームにいます。

年末に訃報が届きました。10年近く勤めていただいた運転手さんが12月22日にお亡くなりになりました。

この春まで勤めてくださった方です。9月に肺ガンが見つかった時は手遅れで、手術はできない状態でした。

ご自身で、抗がん剤による治療を拒み、11月末に緩和ケア病棟に入院されました。

二度ほどお見舞いに行かせていただきましたが、15日にお会いした時は本当にお元気そうでした。お別れする時は、病院の玄関まで歩いてお見送りいただいたのです。私の車が遠ざかるまで手を振っていらっしゃいました。

いろんなことがあった一年でした。

皆様にとって、新年が素晴らしい一年になりますように。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントはる | URL | 2014-01-15-Wed 09:36 [EDIT]
中学校の二学期進路相談で目標の「I文理」「T文理」のOKを頂きました。
私立も第一希望に併願受験の事前相談でOKを頂きました。
このまま文理学科(後期は同じ学校)を受験するのかと思ったのも束の間、自分の勉強に対する性格、大学受験に対する学校の姿勢、カリキュラムやその他教育内容などを息子ながらに考えた結果、私立一本にしたいと言われました。
専願は面接があるので面倒だから、あくまで併願受験するそうですが・・・。
せっかく、目標としていた文理に出が届くかも知れない・・・という矢先での息子の進路変更は、ちょっとショックでしたが、これも子供の成長ととらえ応援する事にしました。

私立の過去問は冬休みから五年分を当日と同じタイムスケジュールで解き、合格基準点はクリアしています。(間違い直し済です)
後は、これからの勉強なのですが、同じ過去問を繰返し三回解くとよいや新しい問題には手を出さない、などいろいろなアドバイスが多く迷っています。

アドバイスをお願い致します。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2014-01-17-Fri 22:57 [EDIT]
お子様の受験、ご心配なことと察します。

文面から、保護者として十分受験に関わられていらっしゃるようですので、外部からの雑音に惑わされることなく、見守ってあげてください。それで大丈夫です。

アドバイスを申し上げるとすれば、専願に切り換えることをお勧めいたします。

受験される高校に一つのコースしかないようでしたら問題ありませんが、二つ以上あるようでしたら回し合格になる可能性があります。ご存知の通り、私立は専願生を優遇しています。併願生は合格基準点が高く、回し合格になる可能性も高くなります。

過年度の問題で、合格点をクリアなさっていらっしゃるようですが、当日の体調や緊張感で不本意な結果になることも考えられます。

もしもの場合、学年進級時に上位コースに上がることが出来ます。しかし、カリキュラム等の違いで、お子様に負担がかかることになります。

受験校が難関私立であるほどその可能性は高まります。入学後の専願生と併願生の差はないわけですから、より安全に受験することが得策だといえます。

お子様は、面接を嫌がっていらっしゃるようですが、最近は集団面接で、ほとんど合否に影響することはありません。ましてや短時間の面接ですから、面倒に思うこともありません。

併願で合格できる学力がおありになるので、専願で受験することに少し抵抗を感じていらっしゃるのかもしれませんね。

もしも、そういう思いが少しでもおありになるのでしたら、特待生を目指されてはいかがでしょうか?非公表の高校もありますが、ほとんどの高校に特待制度があります。その基準や条件をご確認いただき、目標にするのです。選出されれば次年度も継続できるようにと弾みがつき、入学後の励みになります。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。