塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「テレビの国」からやってきた校長!②
2014-06-27-Fri  CATEGORY: 未分類
和栗先生の式辞は、さらに続きます。

さあ、続いて、お約束のプレゼントです。
 ゼロ・プラス・ワン!
この記号、このフレーズは、金岡高校での3年間、およそ1,000日に及ぶ学園生活、その一日一日を、より充実したものにするための魔法の呪文です。そしてまた、この先、皆さんがどんな道に進もうとも、生涯にわたって自分自身の人生を切り開いていく武器にもなるマジックワードです。
「ゼロ・プラス・ワン」には、いろいろな意味が込められています。きょうは、中でも一番大切なことをお伝えしましょう。
 ゼロ・プラス・ワン!
「失敗を恐れずに、まず一歩を踏み出す勇気」
いや、失敗を恐れずにというよりも、失敗をするために、失敗という貴重な経験をするために、まず、一歩を踏み出す。成功よりも、失敗から学ぶことの方がはるかに大きい。失敗したら、ラッキーと思えばいい。どんどんチャレンジして、どんどん失敗しよう。できるか、できないかを考えるのではなく、やるか、やらないか。やると決めたら、我を忘れて没頭する。どれだけチャレンジして、どれだけ失敗を経験したか、どれだけ没頭したか、その積み重ねこそが、皆さんを大きく成長させるはずです。
 自分自身で、限界を作ってはいけない。
「ムリ」とか「どうせ」なんていう言葉とは、もうサヨナラです。限界は乗り越えるもの。壁にぶち当たって失敗したら、ゼロに戻ればいい。そしてまた、初心に戻って、くじけず、辛抱強く、ゼロにプラス・ワンを、コツコツと積み重ねていく。勉強でも、部活でも、文化祭や体育祭でも、恋をする時でも、毎日のあらゆるシーンにおいて、まずはとにかく勇気を持って一歩を踏み出そう。
 ゼロ・プラス・ワン!
それは、きのうと違う自分に出会える魔法の呪文。
金岡での3年間、およそ1,000日、日々、絶え間なく、プラス・ワンを積み重ね、3年後には、今この瞬間には想像もできないような自分自身と出会ってください。
ある調査によると、スマホや携帯の一日の平均使用時間が、高校生男子で4.3時間、女子に至っては6時間以上が4割を超え、驚いたことにそのうち1割以上が、一日12時間を超えているといいます。
 スマホに青春を捧げるのか。
それとも、自分の未来のために、大切な時間をゼロ・プラス・ワンの投資に使うのか。賢明な皆さんであれば、答えは自ずと明らかでしょう。


カッコイイ大人になること!これが私達に求められています。姿、形ではなく、子供達が心のうちに素直にカッコイイなと思える大人。そんな人の言葉なら耳に届くはずです。

お会いしたこともなく、勝手に文章をお借りして失礼ですが、心に響くステキな式辞です。一人でも多くの生徒達が、心を動かし、目覚め、その本当に意味するものにたどり着いて欲しいと願います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。