塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
泉陽高校に行ってきました!
2014-06-29-Sun  CATEGORY: 未分類
泉陽高校に行ってきました。5月下旬から、泉塾連の仲間と公立高校を訪問しています。一人では回れませんが、こういった機会を持たせていただける泉塾連に感謝です。

泉陽は、与謝野晶子、女優の沢口靖子さんの母校、市立堺女学校(1900年)以前から始まる伝統校です。

「泉陽温泉」とか「何も泉陽」なんて揶揄されていた時期もありましたが、人気の高まりもあってかずいぶん変わってきたようです。

進学実績が飛躍的に伸びています。2005年度国公立大学合格者数91名(現役61、浪人30)が、2014年度177名(現役116、浪人61)とほぼ倍増しています。

私は、泉陽を出た卒塾生の進学先には不満を持ってきました。6年ほど前に泉陽を卒業した生徒は、成績優秀で阪大を目指していましたが、残念な結果でした。私は、浪人を勧めましたが、東京の有名私大を選びました。

公立高校は、どこも穏やかで和気あいあい、楽しい高校生活を過ごしています。良き仲間意識が生まれれば進学に向けても同じ選択肢を選びます。公立高校の違いは、ここにあるのではないでしょうか。みんなが私立大学を目指せばそこに流れる生徒が増える。国公立受験を自然と考える雰囲気があれば、みんながそちらを向く。浪人を覚悟する生徒が目立てば、不安な浪人生活を選択する生徒も増える。

もちろんそんな雰囲気にしてしまう学校側の体制が必要です。泉陽には現在、15名の数学の先生がいらっしゃいます。以前にも書きましたが、難解な数学に手を焼きセンター試験、すなわち国公立受験をあきらめる生徒が多いのです。特に女子にその傾向があります。ところが、数学のセンター試験はさほど難しくありません。さらに仮に数学が30点でも他の科目でカバーできれば、難関国公立にも十分合格できるのです。

苦手な生徒の肩をそっと押してくれる体制があればよいのです。まったくちんぷんかんぷんではあきらめるしかありませんが、学校側に少しだけフォローする体制があればよいのです。この辺が私立高校との違いです。ですから、補習や講座を開いて、あきらめかけている生徒を起こしてあげて欲しいのです。それができれば、公立高校からの国公立受験者は大幅に増えるのではないかと思います。

驚くほど国公立合格者数を伸ばした泉陽には、数学に限らず、受験に向かわせる体制が整ってきたのではないのでしょうか。今年卒業する元塾生の進路が楽しみです。

もちろん、コメントの返信に書きましたが、他にも躍進している公立高校がたくさんあります。これは、大阪の公立高校全体が低迷を続けていたからです。

そうです。褒めてばかりではいけませんね。今年は、現役の京大・阪大受験者は、全滅だったそうです。このあたりが今後の課題だといえそうです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2014-06-30-Mon 11:01 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2014-07-01-Tue 03:53 [EDIT]
ご質問の件、おっしゃるとおりいくつかの要因があると思われます。

やはりもともと京大・阪大への意識が薄いのだと考えています。いままでの流れからして校内でこのあたりの順位にいないと狙えないと考える生徒が多いのではないでしょうか。

トップ校では、中位いや下位の生徒でもチャレンジしますが、自分達は、二番手三番手校の生徒だという意識があるのかもしれまん。この殻を破る必要があります。最近流行の京大・阪大ツアー等を組んで、生徒達の目を向けさせるのも一つです。

京大・阪大の夢に敗れた現役受験生10名弱のその後が気になりますね。予備校で一番つらいこの時期を、歯をくいしばって前向きに過ごしていて欲しいです。
コメント | URL | 2014-07-01-Tue 07:29 [EDIT]
御回答、御解説、ありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。