塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
仮説④
2014-07-11-Fri  CATEGORY: 未分類
昨年から入学試験に占める内申の割合が大きくなっていることをお話しています。今回は、専門学科での変化です。

総合学科   40.7(21.1)  ⇒  45.5(24.2)
国際文化   50.0(19.0)  ⇒  39.5(21.1) ※総合科学も同じ
普通科単位制41.1(23.5)  ⇒  45.5(24.2) ※Ⅰ型の場合
文理学科   31.4(11.4)  ⇒  31.3(16.7)

専門学科でも同様、内申比率は上がっています。各学科の総合点に占める内申と副教科内申の割合(%)を出しました。左が2012年、右が2013年からの割合です。

国際文化・総合科学科の高校では内申比率は下がりましたが、副教科内申の全体に占める割合は上がっています。

内申比率の低い文理学科も例外ではありません。副教科の割合は上がっているのがわかります。

次に、入試での学力検査の平均を男女別に調べてみました。前期では数学で男子が強みを見せている一方で、英語、小論文で女子が僅かながら男子を上回っています。合計点では大きな差がないことが分かりました。

前期では、学力検査で差がない分、内申の差が女子に優位に働いているのかもしれません。

さらに、後期入試の学力検査では、男子の平均が女子を合計で12点上回っています。理科と社会で10点ほど女子に差をつけています。

前回お書きしましたが副教科の内申で女子が約3点上回っています。後期入試ではこの内申を5倍して加算します。さらにⅠ型の高校ではこれの0.8倍。
つまり、3点×5×0.8=12点

内申でついた12点のハンデを男子は学力検査で取り戻しているのです。これによって、後期入試では、前期ほど男女の合格率に差がでないのだと思います。

一律に内申5対学力検査5で算出していた時期から内申4対学力検査6を選べるように変わり、上位校では僅かながら男子の合格者が増えました。内申の悪い男子が学力検査で逆転しやすくなったのです。

今回の変化は、これを戻したのですから当然女子の合格者が増えることになったのです。

しかし、これだけの原因ではないと思います。これほど大きな差が内申だけで起こったとは考えられないのです。

まだいくつか検証したいことがあります。結果が出たら報告いたします。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2014-07-11-Fri 21:18 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
楽しく拝見しております
コメントこむりん先生 | URL | 2014-07-11-Fri 21:35 [EDIT]
しばらく更新なさっておられませんでしたので、ご病気ではないかと心配しておりました。
ですが、筆先するどいご意見を読ませていただいて、いろいろおありになったのだろうがお元気そうだと安心しております。

今回の女子合格者増加の裏には、ある心理が働いていると私は見ています。
キーワードはは「学区制撤廃」。
いかがでしょうか?
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2014-07-11-Fri 23:15 [EDIT]
面白いですね!

私は大賛成です。

何を隠そう私は中学時代、駅伝の選手でした。
その当時なら、喜んで受験したと思います。
Re: 楽しく拝見しております
コメント管理人 | URL | 2014-07-11-Fri 23:22 [EDIT]
お久しぶりです。
お世話になりながら、失礼ばかりしております。

「学区制撤廃」とても興味深いです。あれこれ考えておりますが、よろしければ先生のブログで、お話いただけるとありがたいです。

ご心配、ありがとうございます。長くやっていると山あり谷ありです。

どうかこれからもご教授よろしくお願いいたします。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。