塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「テレビの国」からやってきた校長!番外編
2014-07-29-Tue  CATEGORY: 未分類
和栗先生とお会いした時のことを書くのを忘れていました。

わざわざ泉塾連の例会に、岸和田の浪切ホールまで足を運んでいただきました。本来ならば、こちらから出向かねばならないところで、恐縮しています。

想像通り、いやそれ以上にインパクトのある方でした。ホリエモンを金岡高校に招待したりしてマスコミに注目されることも増え、ご存知の方も多いと思います。

まったくの異業種からの転進には、意見が分かれるところでもありましょうが、私は期待しています。

「公立高校をぶっ潰す」ぐらいの気持ちがないと、長年続いてきた体質は変わりようがないと思うからです。もちろん、先生が「ぶっ潰す」なんて過激なことをおっしゃったのではありません。

任期の三年で、何を金岡に残されるのか。そしてそれがどう広がっていくのか。これからの公立高校の姿を模索していく中で担うべき仕事は多く、それを重荷と感ぜずに実践していただきたいと思っています。

公募で校長になられた方の不祥事が大きく取り上げられ、このまま無くなってしまうような勢いですが、新たな手法や切り口で、校長職をまっとうされた方々の成果を評価し、大きく取り上げるべきだと考えています。

昔勤めていた塾の上司は、「この仕事を辞めて、パンツを売ってでも俺は生きていける!」と豪語されていました。過剰な自信は禁物ですが、どんな職種であろうと、その人が持っている才能は活かされるものです。

閉鎖的な学校現場に新しい風が吹き、ある意味において普通に近づくのであれば、公募での校長登用は、十分その意味があります。

和栗先生を通して私が感じたことは、校長先生らしからぬ振る舞いに、新鮮さを覚えるとともに、これもアリだと思ったことです。

好き嫌いとかではなく、なんとなくでも受け入れてしまう何かがあれば、学校は変わるのではないでしょうか。

そんな何かを感じさせられたひと時でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。