塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府立高等学校入学者選抜制度改善方針(案)
2014-09-17-Wed  CATEGORY: 未分類
先月に大阪府教育委員会から出された公立高校入試制度の改善案です。これは、再来年から実施されるもので、現中2生の入試から適用されるものです。来年は後期の入試日は少し遅くなりますが、今年と同様の選抜制度になります。いくつかある変更点を分けて、書いてみようと思います。

同一校内の学科間の複数志望を認める。
・ 特別選抜及び一般選抜のそれぞれの選抜において、募集人員を複数の学科等ごとに設定している学校では、同一の学力検査問題を使用することとし、同一校内の異なる学科等間(例:文理学科と普通科、工業に関する学科(総合募集)と工学系大学進学専科)の第1志望・第2志望等、複数志望を認めることにより、当該高等学校への進学を希望する生徒の就学機会を確保する。


4 選抜方法
(1) 学力検査の成績と調査書の評定を合算した総合点の上位者から順に合格者を決定することを原則とする。

・ 特別選抜及び一般選抜のそれぞれの選抜において、募集人員を複数の学科等ごとに設定している学校では、志望学科に関係なく全ての受験生を総合点の順に並べ、その上位者から順に志望学科への合格者を決定する。(合格者の決定方法の詳細は以下のとおり。)

<合格者の決定方法>
① 受験生を、総合点の上位者から順に、それぞれの第1志望の学科の合格候補者とする。
② 一つの学科のボーダーゾーンを含んだ人数が、合格候補者で満たされた時点で、当該学科の合格者を先に決定する。
③ その時点での合格決定者を除いた者の中から、志望順位に関わらず(*)、総合点の上位者から順に、他方の学科の合格者を決定する。ただし、当該学科を志望しない者を除く。
④ 3つ以上の学科を併置している場合は、同じ手順を繰り返す。
(*第1志望の受験生より総合点が高い第2志望の受験生を上位者とみる。)


ややこしい書き方で理解に苦しみましたが、要はこういうことです。再来年から一部の学科を除き、入試日が統一されます。この結果、二つ以上の学科を持つ高校では、同時に同じ問題を使って入試がおこなわれることになります。この選抜方法を説明しているものです。

たとえば、文理学科と普通科をもつ高校の場合、受験者全員を総合点順に並べ、それぞれの第一志望者を順に数え上げる。この結果で合格候補者を先に満たした学科から全合格者を決めるのだそうです。当然、文理学科が先に決まることになりますよね。その後の普通科の選抜では、第一志望者と第二志望者を同等に並べて、上位者から順に合格者を決めていきます。

付け加えると、合格候補者の定員を先に普通科から満たすのか文理学科からなのか、お話しするまでもなく文理学科からになるでしょう。合格候補者とは、文理学科の定員が160名の場合、ボーダーゾーンの受験生を含めた176名をさします。ボーダーゾーンは今と同じ定員の10%。この中からの選抜方法も変わらないようです。その後、普通科第一志望、第2志望者を上位から並べて、普通科合格者を決めることになります。

私立高校と同じですね。上位コースの点数が足りない場合、下のコースに回し合格になる制度です。昔は、回された生徒には、下位コースの合格点を少し上げて、ハンデを持たせる高校がありましたが、現在ではそんな高校はなくなりました。この結果、下位コースに回されるのを覚悟で、上位コースから受験する生徒が増えています。

公立入試でも何の区別もなく下位コースの合格者が決まるのであれば、上位コースから受験しやすくなります。これが狙いでしょうね。あえて第一志望を普通科にする生徒がどれだけいるのか気になります。より安全に受験する傾向にある女子が普通科第一志望者になるのでしょうか?もちろん、文理学科にそれなりの魅力を感じていない生徒も、普通科第一志望と書くことでしょう。

今までは受験機会が2回あったからこそ、ダメもとで文理学科を受験していましたが、受験日が一つになることで初めから普通科を第一志望にする生徒が増えれば、文理学科の倍率は下がるのではないでしょうか。

また、私が以前の記事で書いた第一志望普通科、第二志望文理学科の生徒は、この選抜では文理学科には合格できないことになります。逆回しをやっている一部の私立高校みたいなことはできないからです。難しい書き方をしていますが、上位クラスからの回しをよりスムーズにして、今の位置づけを守ろうとする選抜方法です。煽られて文理学科を受験する受験生に不利に働かないようですので安心しました。

私は文理学科には、魅力を感じておりません。今年の進学実績で文理学科の成果が表れたと見る向きがありますが、単に上位生を集めたのですから当然の結果です。それよりも、160名の中で落ちこぼれ、私立にも行けなかった生徒の実態を明らかにして欲しいものです。

文理学科は、能力別クラス編成ができないから学科を分ける。こんな単純な思考から出発しているように思います。昔の例で恐縮ですが、私の卒業した公立高校普通科は、高3で国立理系、国立文系、私立理系、私立文系クラスに分かれていました。この結果ある意味成績順に生徒が分かれていたものです。

これを今のトップ校に置き換えるならば、選択科目で分けることが出来ます。目指す国立大学で受験科目や配点が違うからです。K大ならこの選択科目クラス、H大ならこれ、Ⅰ大なら…とこちらから意図することが出来るわけです。大手予備校方式です。予備校は、このやり方で生徒を分けて、進学実績を上げています。もちろん、その選択科目や配点は複雑で大学レベルと対応しているものではありませんが、能力別に分けれないのであれば、選択科目等を理由にそれに近いクラスは組めるのではないかということです。

同じ高校の文理学科、普通科に進学した卒塾生ですが、今年、文理学科の生徒は大阪市立大学、普通科の生徒は大阪大学に合格しました。どちらも理系の学部です。普通科にも成績を上げた優秀な生徒たちがいます。学科の壁を設けて、これを阻害してはいけません。

入れ替えが出来ないのなら、文理学科の数を減らし、文理学科だけを持つ高校にしたほうが賢明だと考えます。そうなれば、こんな難解な選抜方法もいらなくなります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
承認待ちコメント
コメント | | 2014-09-17-Wed 09:35 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
コメント | | 2014-09-17-Wed 16:27 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2014-09-17-Wed 17:41 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
コメント | | 2014-09-18-Thu 09:54 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。