塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府公立高校一般選抜入試迫る!②
2016-03-08-Tue  CATEGORY: 未分類
前回からお話している国際・科学高校の選抜についてのお話です。

7日に願書が締め切られ、最終出願者数が発表されました。

やはり予想通りです。
第二志望が書けるようになった結果、非常に厳しい入試になりました。

入試及び内申点を合算し、上位から並べます。その学科を第一志望にしている生徒が、その学科の募集人員に達した時点で、まず、その学科の合格者を先に決定します。合格者が決定後、別の学科の第一志望者と第二志望者を並べて別の学科の合格者を決めるというのが今年からの選抜方法です。

分かりにくいですね!

千里高校の場合で考えてみると、仮に総合科学科が先に決まるとします。総合科学科を第一志望にした212人の中から募集人員の157人の合格が決まります。問題はここからです。総合科学科を第一志望にし第二志望を国際文化科にした受験生が147人います。このうちの何人が不合格になったかで、国際文化科の倍率が変わるわけです。

仮に倍率通りで計算すると、第二志望の38人が残ることになります。すると国際文化科は、第一志望の193人と第二志望の38人加えた231人の中から選抜されることになるのです。倍率1.5倍になります。

お分かりいただけるでしょうか?

上位学科と下位学科の色分けが出来ているのならこの選抜でも問題ありません。
それぞれの学科で履修科目に差がないのならこれでもいいでしょう。

ところが、理数を中心に据えて学習したいのに、英語が多い授業をを受けることになる生徒が出てくることになります。この逆もありえるわけです。

大阪市立東高校には、理数科と英語科と普通科があります。こうなると理数第一志望、普通第二志望または英語第一志望、普通第二志望が書けますから、理数科第一志望、英語科第二志望の生徒は一人もいません。

国際・科学高校の不可思議さが際立っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。