塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
チャレンジテスト対策!
2016-12-24-Sat  CATEGORY: 未分類
22日から冬期講習会が始まりました。

今年は、中学1・2年生は、チャレンジテスト対策を中心に据えて指導しています。

大阪は、昨年からチャレンジテスト(府下統一テスト)が導入されました。、その結果により各中学の評定平均の幅が決まるとともに、各生徒の評定まで変わることがあります。ですから塾ならずとも中学校でも取り組みが始まっています。

この評定は、公立高校入試に使われます。今春までは、中3だけの成績でしたが、絶対評価導入にともない、中1、中2の成績まで加わることになりました。ですから、中1、中2生にとってはとても重要なテストなのです。

今春の懇談で、中1のお母さまから、チャレンジテストの結果で評定が下げられた話をお聞きしました。

毎年1月(来年は1月12日)に実施されるチャレンジテストの結果に基づき、大阪府教育委員会が評定の範囲を定めます。この範囲の点が取れなければ、中学が一年間の成績として出した評定が変わることになるのです。

何かおかしい気がします。一年間の授業を担当した先生がつけた評価が、たった一回のテスト結果でひっくり返る!もちろんその幅は設けてありますが、下がった生徒は納得がいきません。

中学の評定はそのまま残し、チャレンジの結果をそれに加味することはできなかったのでしょうか?私はどうしても評定が変わることに抵抗を感じます。

当塾は、5つの中学から生徒が通っていますが、A中学は、対策プリントによる授業を実施しました。B・C・D中学は、昨年の問題を解答とともに配布しました。E中学だけは何もしてくれていません。

もう一つ不満なのが、中2の理科・社会が二種類の問題でテストされることです。教科書により単元の並びが違ったり、各中学により指導する単元の順序が違うからでしょうが、これほど大切なテストですから、統一した問題で判断してほしいと思います。

5の評価をもらっている生徒はチャレンジテストを受けないほうがよい!なんて過激な意見もあります。受けなければそのままですから、上がりようのない生徒にとっては、受けないほうが得だというのです。もし、そんな生徒が出てくれば、その中学の平均が下がり、その中学全体に影響を及ぼすことになります。

私は、統一テストには賛成ですが、現状の結果の利用方法に疑問を感じています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。