塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪私立高校入試の特徴⑤
2008-02-17-Sun  CATEGORY: 未分類
 勝手に書かせていただいているこのシリーズですが、直接お電話をいただくほど反響があり驚いています。私としては、大阪の私立高校の入試の仕組みをお伝えしているつもりです。何も塾関係者だけが知りえる極秘の内容ではなく、学校をはじめ教育関係者は誰でも知っている、差し支えのないことをお伝えしてきました。質問や意見等あれば遠慮なくコメントをいただけたらと思います。

 この数年変わってきたことに、特待制度を導入する私立が増えてきました。いまでは、ほとんどの私立高校にあると言っていいぐらいです。これは、成績優秀な生徒を一人でも多く集めたい私立の苦肉の策です。入学金&授業料全額免除、授業料公立並等でご家庭の負担を減らすことで優秀な生徒を確保する。当然、学校の収入は減るわけですが、進学実績が落ちれば、ますます生徒は集まらなくなるわけで…

 但し、問題があります。特待生の資格を得るにはその学校の成績基準よりはるか上の学力を必要とすることです。特待生で入学できても、回りの生徒との学力差が大きくかけ離れていては、自分だけ高いモチベーションを持ち続けるのは難しくなると思うのです。そこで、この制度を活用なさるのであれば、その学校の最上位コースには、どの程度のレベルの生徒が集まるのかを知る必要があります。自分とあまり差のない生徒がいないと学習意欲も高まらないと思うからです。

 それ以前に、自分がその学校に魅力を感じるかどうかが大切な条件になります。特待制度ばかりに目を奪われて、その学校の中身を知らないままでは後悔することになるからです。うまく活用していくことには賛成ですが、十分に検討し、納得して決めることが必要だと思います。ですから、お勧めするときは、その学校の状況等を詳しくお話して、時間をかけてお考えいただくようにしています。

 一般にこの特待制度は公表されていますが、少人数のため、あるいは特待生であることで他の生徒に気を使うことのないよう、外部に公表していない高校もあります。また、いくつかの私立高校では、合格通知とともに別紙に「あなたは入試の成績で特待生の資格を得ました。この資格を活かして入学する場合は、併願を専願に切り替えてください」と併願生を入学させる手段としても使われています。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントとわ子 | URL | 2012-08-15-Wed 22:16 [EDIT]
だいぶ前の記事みたいですが、すごく参考にさせていただきました。
一つ質問があるのですが、私は2年の時の成績が平均よりちょい上くらいでずば抜けてよかったわけではありませんでした。
3年になってから成績あがって、実力テストも平均よりかなり上が取れるようになりました。
調べてみたら、内申も結構重要みたいで…
そこで…
やっぱり特待でいこうと思ったら、2年の成績も響いたりしますか??

Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2012-08-24-Fri 18:41 [EDIT]
返事が遅くなり申し訳ありません。
大阪の高校入試には、2年の成績はまったく関係ありません。
特待というのは、私立高校のことだと思われますが、私立の特待の基準も中3の成績になっています。
ですから、安心して受験して下さい。

ちなみに大学受験は、高一から高三までの評定平均で推薦を受けます。
ですから、高一から成績を残しておかないと推薦が受けられないことになります。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。