塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府公立後期入試!
2008-03-12-Wed  CATEGORY: 未分類
 本日、中間集計の結果が発表になりました。やっぱり合点がいかないんですよねぇ…この時点の4学区の平均倍率が1.07倍。最終日の出願者が700名いたとしても1.185倍ってことになります。だいたい調査時点の1.25倍は、他の学区と比較しても高すぎます。何が原因なのか分かりませんが、いろいろ考え込んでしまいます。

 今が一年で一番忙しい時期なのに、「確定申告」なんて余計なものまであって気が重たいです。毎年、分かっていながら後回しになり、ばたばたと作って税理士さんにご迷惑をおかけしています。文句を言ってはなりませんが、分からないことも多くて、ビビることも多々あります。納税を忘れていたらすごいおとがめがありますが、納め過ぎていたり、減額できるようなシステムがあっても税務署からは教えてくれません。もっとクリアな確定申告って出来ないものでしょうか

 来週から新年度が始まります。教材の発注に送迎バスのルート作成と時刻表…。その次の週からは「春期講習会」でまた時間割が変わります。おっとその前に「合格祝賀会」が…。今年も「吉本新喜劇」を予約しました。いよいよ中3生とはお別れです。不思議なもので、この時期になると遅くまで残る中二生の数が増えてきて、別れの感傷に浸っている時間がなくなります。
来月は塾が一番落ち着く月です。今年一年の計画をじっくり考えてみたいと思っています。

 中二の塾生の男の子に「Ⅰam Sam」という映画のDVDを借りています。以前観たときも感動して、「RITZ NEWS」に書き込みましたが、本当にいい映画です。知的障害のあるとトムにもうすぐ7歳になる子供が育てられるのかが裁判で争われるのですが、障害者であるトムこそが普通で、回りの健常者の人たちのほうがみんな病んでいる。そんな現実に気づかせてくれる映画です。「普通」って自分が思い込んでいるだけで、回りからはみんな変なヤツだって思われているのだと思います。要は、それに気づくか気づかないかの違いなのでしょう。

 ビートルズの音楽もぴったりで、お気に入りの作品の一つになりました。親子関係を含めてじっくり考えさせてくれる作品でした。貸してくれた生徒は、5回以上も観たそうで、14歳の心に素直に感動を呼ぶ作品なんだと改めて思いました。本も同じですが、同じ作品でもそれを観たり読んだりした年齢によって感動する場面が違っていたり、感情移入する登場人物が変わったりするものです。だからこそ、若いうちにいろんな本や映画と接する必要があるのだと思います。そういやあ、最近、本を読んでないなぁ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。