塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
サクラサク!
2008-03-25-Tue  CATEGORY: 未分類
 今日は、公立高校後期試験の発表日でした。見事全員合格で有終の美が飾れました。内申が悪くても志望校を変えなかった生徒も内申が上がって一つ上の高校に受験校を変えた生徒もみんなみんな合格してくれました。

 やはり、「どうしてもA高校に受かりたい!」という強い意思が一番大きな力だと思います。その気持ちが自分自身を動かすわけで、私どもはサポートに回ればよいだけなのです。授業を真剣に受けるだけでは学力はつきません。家で、如何に演習に時間をかけるかで成績が上がるのです。本人の意識がいかに大切かを分かっていただけたらと思います。

 今回、内申の違いに驚かされました。実力とはかけ離れた内申点。良い生徒もいれば逆にとんでもなく悪い生徒もいるのです。もう少し評価の方法や入試への影響を検討すべきではないかと思います。内申がとれない生徒にはそれなりの原因があるのでしょうが、それだけで志望校をあきらめたり、私立専願に切り替えざるをえない生徒がいる現状は、おかしいと思うのです。

 知り合いの先生のメールで、岸和田高校の前校長先生が四月から東大谷高校の校長になられることを知りました。昔の輝きを無くした公立高校は、トップ高といえども、昔の栄光を思い出に、伝統にしがみついているのが現状です。何も昔と変わっていないと申し上げるほうが皆様にご理解いただけるかもしれません。こんな公立改革に真正面から取組まれたのが先生です。一人では動かない公立高校を強い意思とリーダーシップで乗り切られた。すごい校長先生でした。東大谷はこれから変わると思います。期待しています。(同郷でもあり、強く惹かれたところもあるのですが…)

080324_1603~03

 サクラサク!公園の桜はまだ一輪も咲いていませんでしたので、先日、あのオークワで買ってきた花の写真を載せます。合格、オメデトウ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。