塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
DELLのリーさん②
2008-04-04-Fri  CATEGORY: 未分類
 20分ほど、電話がつながらず待たされました。リーさんにかけ直しましたが、リーさんの電話番号は、発信専用回線とかでつながらないのです。しかたなく初めから電話をしました。

やっと出てきたのは、若い男性の声、しかも日本人!!!今までの経緯をお話しするといろんなことが分かりました。電話は神奈川と中国のどちらか空いている回線とつながるようになっており、私がつながったのがたまたま中国の回線だったこと。中国には日本人もいるが中国人の方もいて、正直トラブルも多いとのことでした。有償の修理の話をすると、これからさらに時間がかかるだけでなく、ネジは100円だが、工賃とあわせると二万以上の修理費になるとのこと。さらにその担当の方は、修理しなくてもパソコンに多大なダメージはないだろうと答えてくれました。

皆様!DELLにご注意ください。安いからといって飛びついても、やっぱりだめなんですね。今回でよく分かりました。もちろん、他のメーカーでも同じなのかもしれません。パソコンが、あまりにも急に普及しすぎて、メンテナンスを含めたサービスがともなっていないのが、この業界の現状なのでしょうか。

ぼやきついでにもう一つ、息子が塾に通い始めました。自宅から五分もかからないという利便性で選んでおり、上の二人もそこに通いました。私はノータッチで行ったことはありません。この準大手塾の気にくわないところは、春期講習会の費用が別立てになっていることです。3月28日までが3月の通常授業。29日から3日までは春期講習会。その分3月や4月の授業が安くなるのではなく、そのまま通常分はいただいた上に、春期分が上乗せになるのです。29日から31日の削られた3月分、1日から3日の削られた4月分は、いつ返ってくるのでしょうか!

そんなのどこの塾も当たり前!ではないんです。実は、私が以前勤めていた塾も同じ方式で、納得がいきませんでした。ところが、個人塾では、3月の通常授業を行いつつ、同時に講習会を開く塾が多数あります。つまり、生徒は昼間「春期講習会」にでかけ、夜にはまた「通常授業」を受けに行くのです。これなら、「春期講習会」の費用に納得がいくと思います。月の授業料は、他塾との比較になり値上げできない分、講習会で…ということでしょうか。このほか、特別授業や講座で費用を徴収する塾もありますし、月の授業は4週分で、5週目はお休みなんて塾もあります。是非、祝日の授業や年間の休み、また一年トータルでの費用等をお確かめの上、受講されることをお勧めします。

なんかすっきりしない気分で、「がっぽい」するぞ!って感じです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。