塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
なんやかんやと…
2008-04-10-Thu  CATEGORY: 未分類
今週はテスト週間!毎日テスト監督で楽になるかと思いきや…

新入塾生のテストに、授業後の保護者との懇談、さらにその後、新人講師の「模擬授業」と休む間もなく、一日が過ぎました。

忙しいのは、いいことで、動くのが嫌のなったらお仕舞いかもしれません…鉄也なんばしよっとか♪ちょっと古すぎますね。

新しい指導要領に向けて小・中学校が動き出します。一番豊富で難しい指導していたのが昭和45年の改訂後です。私が小学校の高学年のときです。(年がばれちゃいますね)今でも覚えているのは、教科書ではない教材を使って、「確率」やら「集合」やらの指導を受けました。A∩BとかA∪Bとか6年生で習ったのです。そのおかげで、高校の学習が楽になり、いまでも「確率」は好きな分野です。

それよりも、指導していただいた先生の多才さに驚きます。よく自宅に泊まりにいきましたが、ソフトボール部の監督に水泳部の指導、さらに器楽部の指揮者として大変な評価も得ていらっしゃいました。その上に、難度の高い確率や集合を分かりやすく教えていただき…。どこで勉強していらしたのか、自分の時間があったのか不思議に思います。

やはり、指導者には高いレベルの能力が要求されると思います。是非、学校の先生を単に増やすのではなく、その資質や能力にこだわった採用をしていただきたいと思います。

大阪市内の中学校に移行措置についてお尋ねすると、まだ教育委員会から何の指示もないとのことでした。どんなふうな指示から始まっていくのか、とても興味があります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。